2016年7月28日木曜日

3つの地震対策

事務の大津です。

長崎では地震は少ない、なんて言われることもありますが、熊本地震以来小さな地震でも過敏に反応してしまうようになりました。
長崎でも、今後大きな地震が絶対に来ないとは言えません。

家を新築するときに、地震対策について気になる方も多いと思います。

今日は、地震対策の3つの技術についてお話したいと思います。


地震対策として代表的なものに、「耐震」「免震」「制震」の3つがあります。



『耐震』
住宅が地震で被害を受けないように、筋かいなど耐力壁を設けて揺れに耐える構造です。
建築基準法でも規定され、現在の住宅では広く用いられています。

建物の強度で揺れに強くなっていますが、揺れ自体は抑えられないため、大地震が発生した場合は中の家具などが倒れてしまうことも考えられます。




『免震』
基礎と建物の間に免震装置を設置し、地震の揺れを受け流して建物に伝わりにくくする構造です。
建物の損傷や家具の転倒を防ぐうえで効果が大きく、特に大地震に力を発揮します。
しかし、軟弱地盤や液状化の恐れのある地盤、地下室への対応は難しいようです。

また、装置が大掛かりで数百万円の費用がかかり、精密な装置なので定期的な点検やメンテナンスも必要になります。


『制震』
建物内部にダンパーなどの制震部材を組み込み、地震の揺れを吸収し建物の変形を抑えます。
制震装置を耐力壁に付加して用いるため、木造住宅では取り入れやすい技術です。

耐力壁は中小の揺れには耐えますが、激しい揺れが起こると大きく損傷します。
そこで、制振装置を組み込むことで、揺れそのものを軽減しようという考え方です。



耐震構造だけではない、地盤条件やコストも異なる地震対策の3つの技術でした。
新築、耐震補強リフォームの際の参考になれば幸いです~。

2016年7月20日水曜日

福岡のリクシルショールームに行ってきました!

事務の大津です。

昨日は福岡のリクシルショールームに行ってきました!

やっぱり一番目につくのは、最新のキッチン達…
見た目も機能も素晴らしいです。


こんなキッチン欲しいなあ~…


収納もなんだかものすごいことになっていました。
収納しやすく、取り出しやすい。
スペースを余すことなく活用です。
たくさん入っているように見えますが、開閉はとっても軽くて楽なんですよ。


リビングと一体感のあるゆったりとしたサンルーム。


子ども部屋をイメージした展示。
デスクに収納、こんな機能的でおしゃれな収納があったら
小さめの子ども部屋でもスペースを広々使えそうですね~


トイレも日々進化。



近々、皆様のリフォーム魂に火をつけるとっても楽しいイベントをお知らせできる…と思います。
乞うご期待です!


2016年7月14日木曜日

フローリング施工

事務の大津です。

飯盛町S様邸の建築現場の様子です。
今日はフローロングの施工をしています。


一枚一枚、丁寧に施工していきます。


明るい色合いの、ナチュラルな無垢フローリングです。
施工が完了したら、傷がつかないよう養生していきます。


キッチンカウンターや階段の骨組みも順調に進んでいます!


久しぶりに青空が見えました。




2016年7月13日水曜日

福井県まで行ってきました

営業の清水です。

先日、弊社が加盟している「エアサイクルの家」の全国大会で

北陸地方の福井県まではるばる行ってきました。

長崎空港から飛行機→電車と乗り継いで約4時間くらいでした。

思ってたより意外と近かったです。

会場に着いて早々、優秀工務店表彰式や講演があり夜は懇親会とハードスケジュールでした。

今回、全国大会に参加させてもらい優秀工務店として表彰式の壇上に立てるよう頑張ろうと刺激を

受け、全国の工務店さんやメーカーさんの「エアサイクルの家」に対する熱い思いを感じれたいい

出張でした。

帰りは飛行機の出発まで少し時間が空いたのでこんなとこを観光して帰りました。



2016年7月12日火曜日

内部結露のお話。

事務の大津です。
今日は、内部結露のお話をしたいと思います。

結露ってどうして起こるのでしょう?
グラスに冷えた飲み物を注ぐと、表面に水滴が付きますよね。


結露は、水分を含んだ暖かい空気が冷たく冷やされたものに触れることで起こります。
壁の中に湿気が入り込み、壁の中で結露が発生するのが、内部結露です。


内部結露は、夏でも起こります。

この状態が長く続くと、柱や土台が腐ったり、断熱材にカビが生えたり…

そうならないためには、湿気を逃がして、壁の中を乾燥させてあげる必要があります。

エアサイクルの家では、床下や壁の中、小屋裏の空気が常に動いているので木材の表面を乾燥させて、内部結露が起こりにくい状態に保つことができます。



結露が軽減されると、木材の腐朽やシロアリの繁殖も防いでくれるのです。

エアサイクルの家について、詳しくはこちらをご覧ください♪


2016年7月1日金曜日

7月/夏前の網戸点検・掃除



もうすぐ梅雨明け。
梅雨が明けるとすぐに暑い夏がやってきます。
本格的な夏到来前に、網戸の点検を済ませましょう。





①網戸のお掃除

網戸の掃除は、まず網戸を外し水洗いします。
次に柔らかいブラシに住宅用洗剤を薄めた液を付けて全体に塗り、水で洗い流します。網が破れないように注意しましょう。


②穴、破れの点検

小さな穴の場合は専用の補修シートで直すことができます。
大きな穴が開いたり、縁が擦り切れてしまった場合は張替が必要です。


③戸車の点検

網戸がスムーズに動かない場合は、戸車にゴミがついていたり、壊れていたりするかもしれません。ゴミを除去して潤滑油を吹き付けるか、壊れていたら新品と交換します。